勝ち抜くSE | IT転職 転職支援 SEキャリア転職サイト 【 ITキャリア21 】

勝ち抜くSE転職ノウハウ

ITキャリア21

誇り高くキャリアアップしていくには、筋道だった目標設定と、それを実現していく手法が必要だ。
ユーザーの立場からみたSE像。IT導入の成否は、当然のことながら導入するユーザー側とシステム構築をするSE側の両者にかかっている。
最近のユーザーからの声は、SE質が落ちた?企業経営のIT化が考えられるが、IT導入は必ずしも成功しているとは言えない。その要因のひとつに、ベンダーやSEの質と言う問題が横たわっている。IT業界の現状に対応したSEの戦略的なキャリアアップの道を探る。

1.職務体系から見たSE

SE(System Engineer)は、「情報処理システム技術者」、即ちコンピュータによる情報処理システムの開発、設計、導入、運用・保守に携わる技術者である。仕事の内容は、コンサルタント系、システム設計系、プログラミング系など多岐に渡り、どの部分を強調するかによって定義も異なる。

以下、5つに分類できる。

  1. プロジェクトマネジャー:プロジェクト全体を統括し、マネジメントする。プロジェクトの計画立案から、進捗管理、変更管理、システムの立ち上げ、システム評価などを統括し、そのためにプロジェクトに参加するSEを有効活用する。この下の小ユニット単位に、ユニットリーダーがいる場合もある。
  2. コンサルタント:経営のニーズを具現化するために、戦略的見地から調査・分析を行い、解決案を提示する。要件定義まで含む場合もある。
  3. システム設計系エンジニア:要件定義書を受けて、画面や帳票などのユーザーインターフェイス中心の周辺の設計、すなわち外部設計、およびハードウェアやOSに関わる部分のコンピュータ側の設計、即ち内部設計を受け持ち、そしたプログラミングへの橋渡しをする。
  4. プログラミング系エンジニア:システム設計を受けてコーディングをするプログラマーのこと。
  5. 運用系エンジニア:ハード、ネットワークなどのインフラ及びソフトの一部も含めて、システムの運用・保守を業とする。

このほかにも、ITファシリテーター、ビジネスコンサルタントなどがある。

2.資格から見たSE

情報処理技術者試験制度に基づいた資格は次の通り。

  1. システムアナリスト(AN:System Analyst):経営戦略に基づく情報戦略の立案、システム化全体計画及び個別システム化計画の策定を行うとともに、計画立案者の立場から情報システム開発プロジェクトを支援し、その結果を評価する。
  2. プロジェクト・マネジャー(PM:Project Manager):情報システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト遂行に必要な資源の調達、プロジェクト体制の確立及び予算・納期・品質などの管理を行い、プロジェクトを円滑に運営する。
  3. アプリケーションエンジニア(AE:Application Systems Engineer):情報システム開発プロジェクトにおいて、プロジェクト計画に基づいて、業務要件分析からシステム設計、プログラム開発、テストまでの一連のプロセスを担当する。
  4. ソフトウェア開発技術者(SW:Software Design & Development Engineer):情報スステム開発プロジェクトにおいて、内部設計書・プログラム設計書を作成し、効果的なプログラムの開発を行い、単体テスト・結合テストまでの一連のプロセスを担当する。
  5. テクニカルエンジニア(ネットワーク)(NW:Network Systems Engineer):情報システム基盤の構築・運用において中心的な役割を果たすと共に、個別の情報システム開発プロジェクトにおいて、固有技術の専門家として開発・導入を支援する。具体的には、ネットワークに関する固有技術とする。
  6. テクニカルエンジニア(データベース)(DB:Database Systems Engineer):(5)に同じ。具体的には、データベースに関して。
  7. テクニカルエンジニア(システム管理)(SM:Systems Management Engineer):(5)に同じ。具体的には、システム管理に関して。
  8. テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)(ES:Embedded Systems Development Engineer):(5)に同じ。具体的には、マイクロプロセッサやシステムLSIなどを組み込んだエンベデッドシステムについて、情報システムを構成する専門性をもった技術要素として。
  9. 基本情報技術者(FE:Fundamental Information Technology Engineer):情報技術全般に対する基本的な知識・技能を持つ者。
    以下は、情報システム利用側の資格。
  10. 情報セキュリティアドミニストレータ(SS:Information Systems Security Administrator):情報セキュリティに関する基本的な知識を持ち、情報システムのセキュリティの策定及びその実施、分析、見直しを行う。
  11. 上級システムアドミニストレータ(SD:Senior Systems Administrator):ユーザー企業において、業務の中でどのように情報技術を活用すべきかについて判断するために必要な知識・技能を持ち、情報化リーダーとして業務改革・改善を推進する。
  12. 初級システムアドミニストレータ(AD:Systems Administrator):ユーザー企業において、情報技術に関する一定の知識・技能を持ち、部門またはグループ尚の情報化をエンドユーザーの立場から推進する。

3.企業形態から見たSE

ユーザー企業とベンダー企業に分けられる。

  1. ユーザー企業の場合は、情報システム部門の所属するSE。彼らは戦略の立案というコンサルタント的な仕事から、システム設計、プログラミングまでを担う。さらのシステムの運用・保守、コンピュータやネットワークのメンテナンスというハードやインフラ面にも携わる。
  2. ベンダー企業の場合は、いくつかの企業形態に分けられる。企業のITに関する経営戦略的な提案を行うコンサルタント、開発の全工程を担当するシステムインテグレーター、ソフトウェアの開発に集中するソフトウエアハウスやソフトウェアベンダーなどがある。これらは、コンサルタントからシステム運用までの工程のどれか得意分野の特化しており、特化した分野を担うSEがいる。

4.質の高いSEが不足している

情報サービス産業協会「情報サービス産業白書」調べでは、企業への「人材に関してどのようなことに困っているか」の質問に対する回答は、「プロジェクトマネジメント能力を持った社員が少ない」が80.6%、「高度専門技術を持った社員が少ない」が53.6%と群を抜いている。
以上のような現状から、我が国のITエンジニアが目指すものは、中国、インドなど海外にアウトソーシング可能なIT技術レベルに留まることなく、グローバルに通用する高度な
IT人材としてのキャリアを磨くことであろう。

ITキャリア21Company Profile | Privacy Policy | Contact Us | Site Map | © 2008 it-career21 All rights reserved.
IT Career21 Inc.〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11  E-Mail : consul@it-career21.com  TEL : 03-5487-1285
 
Site Map | English | HOME
IT ネットワーク系金融SE系クリエイティブ系コンサルティング系(IT / ビジネス)エグゼクティブ・管理職系
無料転職相談お問合せ
会社概要事業案内転職支援サービス適職診断企業の求人ご相談パートナー募集
IT ネットワーク系金融SE系コンサルティング系(IT / ビジネス)管理職系
勝ち抜くSEITキャリアデザイン求める人物像履歴書作成・面接の前に履歴書・面接
Vol.1Vol.2Vol.3Vol.4Vol.5Vol.6Vol.7Vol.8企業動向人材マーケット